名古屋ナビ終わらない愛・地球博名古屋弁講座名古屋試写会情報名古屋グルメ情報
名古屋ナビ

・名古屋グルメ情報
・名古屋試写会情報
・終わらない愛・地球博
・モリコロパーク
・名古屋弁講座
・燃えよドラゴンズ
ブログ
・名古屋ナビ
メールマガジン
・名古屋試写会情報
・名古屋グルメ情報
名古屋ナビ
最年少プロ棋士の藤井四段が、知事にプロ入り報告
最年少プロ棋士で瀬戸市在住の藤井聡太四段(14)が、11月24日(木)に愛知
県公館を訪れ、大村秀章知事に将棋のプロ入りを報告しました。当面は実力を
つけたいという控えめな抱負を語った藤井四段、大村知事に藤井四段の作成し
た詰将棋色紙を渡します。21手詰という詰将棋色紙は、10分で解答できれば
プロ級という難問。すぐに解けるわけもなく、大村知事は藤井四段に「新風を
巻き起こして、愛知といわず日本を代表する棋士になってほしい」と激励しま
した。藤井四段に同行した師匠の杉本昌隆七段も、プロ入りはスタートライン
と意欲をみせました。(2016年11月24日)

▲11月24日(木)、愛知県公館を訪れた藤井四段(中)と師匠の杉本七段(左)、知事


▲11月24日(木)、藤井聡太四段(14)が、大村知事に将棋のプロ入りを報告


▲11月24日(木)、藤井聡太四段が作成した詰将棋の色紙を、大村知事にプレゼント

───────────────────────────────────
藤井聡太四段は、第59回奨励会三段リーグ戦で史上最年少となる14歳2か月
でプロ入りを決めました。天才と呼ばれた加藤一二三九段(76)の記録を62年
ぶりに更新。中学生でプロになるのは、渡辺明さん・羽生善治さん・谷川浩司
さん・加藤一二三さんに続いて5人目です。名古屋大学教育学部附属中学に通
い、下校後毎日4時間ほど将棋に取り組んでいるとのことです。

名古屋ナビ