名古屋ナビ

名古屋ナビ
若手アーティストの芸術展「アーツ・チャレンジ」
愛知芸術文化センターで、若手アーティストの芸術展「アーツ・チャレンジ」 が、2月14日(水)にはじまりました。39歳以下の若手芸術家8組の作品が、 地下1階と地下2階で展示されています。

オアシス21から入ってすぐの地下2階フォーラムには、椋本真理子さんの作 品が展示されています。人為的に水を溜めたダムとプールをモチーフにした作 品。地下2階フォーラムから階段を上がった吉田絢乃さんの作品は、壁や柱に 埋もれてしまった手紙やメールなどが堆積した様子がアクリル絵の具で描かれ ています。さらに、小宮太郎さんの作品は、テープでつくった扉。いつも通る 方でも作品の存在に気づかない見事な発想です。これら若手のアーティスト8 組の作品は見ごたえがある上、スタンプラリーも実施中。
(2018年2月14日)


▲2月14日(水)、アーツ・チャレンジ、椋本真理子さんはダムとプールをモチーフ


▲2月14日(水)、アーツ・チャレンジ、吉田絢乃さんは手紙やメールなどが堆積


▲2月14日(水)、アーツ・チャレンジ、小宮太郎さんは、テープでつくった扉


▲2月14日(水)、アーツ・チャレンジ、佐藤美代さんはアニメーション映像


▲2月14日(水)、アーツ・チャレンジ、道楽同盟は階段でピンポン玉を落とします


▲2月14日(水)、アーツ・チャレンジ、小松原智史さんは期間中絵を描き続けます


▲2月14日(水)、アーツ・チャレンジ、小笠原周さんは大理石でボクサーを表現


▲2月14日(水)、アーツ・チャレンジ、山本愛子さんは1500mの繭の糸で制作

アーツ・チャレンジ2018は、2月14日(水)〜25日(日)まで入場無料で開催。
作品は昨年、全国・海外から応募があった、90組の中から特に優れた8組が
選考されたものです。主催は、あいちトリエンナーレ地域展開事業実行委員会。
───────────────────────────────────
愛知芸術文化センター 名古屋市東区東桜1-13-2 電話:052-971-5511

名古屋ナビ