名古屋ナビ

名古屋ナビ
丸栄で、創業から403年を振り返る回顧展
残りあと45日の丸栄で、1615年の創業から現在に至る403年の軌跡を紹介 する回顧展が、5月17日(木)から開催されています。パネル展では、江戸時 代に創業した丸栄の前身「十一屋」の絵や、大正時代の十一屋の写真などの軌 跡はとても貴重で注目の的です。

7階の会場には、丸栄と十一屋のジオラマ写真が大きなモザイクアートで表現 されています。このモザイクアート、近くによってみると笑顔の顔写真の集ま りなのです。GWに開催された鉄道模型展で撮影されたお客さんの顔写真でした。

会場には、かつて開催されたセールの広告チラシも展示されています。45年 前となる昭和48年の広告をみると、値段も品揃えも今とは様変わりで懐かしさ が実感できます。また、案内係のユニフォームも1970年代から展示されて います。

丸栄では、8階で最後の「貸衣裳大処分市」が今日から開催されているほか、 全館で閉店セールがはじまり、熱気につつまれています。貸衣裳大処分市は、 5月22日(火)までですが、回顧展や閉店セールは6月30日(土)まで開催。
(2018年5月17日)


▲5月17日(木)、丸栄回顧展、丸栄と十一屋のジオラマ写真が大きなモザイクアート


▲5月17日(木)、モザイクアートに近寄ると、笑顔の顔写真がたくさん


▲5月17日(木)、丸栄回顧展、45年前となる昭和48年の広告


▲5月17日(木)、丸栄回顧展、1970年代の丸栄案内係のユニフォーム


▲5月17日(木)、丸栄回顧展、創業400周年記念キルトで丸栄と十一屋


▲5月17日(木)、丸栄回顧展は閉店セールとともに6月30日(土)まで開催


▲5月17日(木)、丸栄では、最後の「貸衣裳大処分市」を5月22日(火)まで開催

───────────────────────────────────
丸栄 名古屋市中区栄3-3-1 電話:052-264-1211

名古屋ナビ