名古屋ナビ

名古屋ナビ
安城七夕親善大使が、まつりの魅力を知事に紹介
安城七夕親善大使をはじめとする安城七夕まつりキャラバン隊が、愛知県公館 を7月2日(月)に訪れ、大村秀章知事にまつりの魅力を紹介しました。

今年の安城七夕まつりは「笑顔」をテーマに、8月3日(金)から8月5日(日) までの3日間、安城市の市街地一帯で開催し、延100万人の人出を見込んで います。安城七夕親善大使は、6万枚の願い事「短冊」が飾られ、6500個 の願い事「風船」を空に飛ばすなどのオススメイベントを披露しました。
(2018年7月2日)


▲7月2日(月)、安城七夕親善大使4名と、笹飾りとうちわを手にした大村知事


▲7月2日(月)、安城七夕親善大使の都築羽菜さんが、大村知事に笹飾りを贈呈


▲7月2日(月)、安城七夕親善大使はじめ安城七夕まつりキャラバン隊と大村知事


▲7月2日(月)、安城七夕親善大使が、大村知事にまつりの見どころを詳しく紹介

安城七夕まつりのキーワードは「願いごと、日本一」。竹飾りは約1000本
で、長さが3.5キロメートルという日本一の規模なのです。

今年65回目を迎える安城七夕まつり、安城七夕親善大使は5名ですが今日出
席したのは4名です。世良友梨絵さん、都築羽菜さん、廣中実夢さん、南亜矢
子さん、小島かんなさん(欠席)。安城七夕まつりキャラバン隊は、安城七夕親
善大使と杉山敏幸安城七夕まつり実行委員長、今井隆喜県議、嶋口忠弘県議は
じめ17名でした。、

名古屋ナビ