名古屋ナビ

名古屋ナビ
栄で、各国外交官がとらえた日本の写真展
セントラルパーク地下街のセントラルギャラリーで、「にっぽんー大使たちの 視線」写真展が開催されています。在日の各国外交官がとらえた日本の姿を、 写真を通じて表現するという企画です。

初日は、バンサーン・ブンナーク駐日タイ王国大使(実行委員長)らが出席して、 オープニングセレモニーがおこなわれました。大使は「写真展のテーマは、明 治維新から150年を迎える今のニッポンです。タイにとって日泰寺がある名 古屋は特別な存在」などと、挨拶しました。

写真展は、1998年10月に初めて開催され今年で21回目を迎えます。今回は、 45カ国、67名の外交官が、にっぽんの今を紹介しています。外交官は職業 上駐在する国の鋭敏な観察者でもあり、日本人が見落としている日本の光景も 撮られていて興味をひかれます。写真展は、1月16日(水)〜22日(火)まで 開催。
(2019年1月16日)


▲1月16日(水)、タイ王国大使らが出席してオープニングセレモニー


▲1月16日(水)、高円宮殿下メモリアル賞受賞作品を観賞する、タイ王国大使


▲1月16日(水)、バンサーン・ブンナーク駐日タイ王国大使の作品


▲1月16日(水)、テーマに忠実な作品も、幕末の江戸開城会見地


▲1月16日(水)、たこやきは、各国外交官にも人気のグルメのようです

───────────────────────────────────
セントラルパーク地下街 名古屋市中区錦3-15-13 電話:052-961-6111

名古屋ナビ