名古屋グルメ情報

名古屋グルメ情報
せともの祭で、瀬戸焼そば店巡り
全国最大規模といわれるせともの廉売市で有名な「せともの祭」が、9月9日
 (土)〜10日(日)の2日間にわたって瀬戸市街地を中心に開催されています。

真夏のような厳しい暑さとなった2日目、瀬戸川沿いの廉売市を散策したあと、
瀬戸焼そばの店を巡ってみました。最初に訪れたのは、名鉄尾張瀬戸駅前パル
ティ1階の「八方招き」。昨日に続いて今日も待ち行列ができていましたが、
5分ほどで購入できましたので、さっそく食べてみました(並盛500円)。

次に、名鉄尾張瀬戸駅西で祭期間限定営業の「瀬戸焼そば広場」へ。ここも待
ち行列がありましたが5分ほどで購入できそうです(400円)。

さらに、元祖瀬戸焼きそば「一笑」の尾張瀬戸店へ。ただ、大量の予約で待ち
時間は約3時間(並盛450円)。相変わらず、瀬戸焼そばではダントツの人気
です。念のため、元祖瀬戸焼きそばの店「福助」をのぞいてみましたが、閉店
から20年近くなるのにまだかすかに看板が見えていました。(2017年9月10日)

▲9月10日(日)、名鉄尾張瀬戸駅前パルティ1階の瀬戸焼そば「八方招き」


▲9月10日(日)、「八方招き」の並盛瀬戸焼そば


▲9月10日(日)、名鉄尾張瀬戸駅西で祭期間限定営業の「瀬戸焼そば広場」


▲9月10日(日)、元祖瀬戸焼きそば継承「一笑」の尾張瀬戸店


▲9月10日(日)、元祖瀬戸焼きそば「福助」閉店から20年近くでまだ残る看板

「瀬戸焼きそば」は、故加藤末八さんが深川神社参道宮前地下街で営業し、連
日長蛇の列が絶えなかった「福助」が、元祖とされています。加藤末八さんが
60歳で亡くなられ福助を閉店。閉店から10年後、加藤末八さんのお孫さん
がオリジナル麺とレシピを引き継いで焼きそば店「一笑」を2010年11月7日
に水野に開店。以来、人気ナンバー1の元祖瀬戸焼そば継承店としてファンの
支持を得ています。名鉄尾張瀬戸駅近くアピタ瀬戸店東にも2年前に開店。

瀬戸焼そばは、蒸し麺を使用し、豚の煮汁の醤油ベースのタレで、具は豚肉と
キャベツ。当地グルメの祭典「B―1グランプリ」に、豊川いなり寿司・高浜
とりめしとともに参戦。愛知県を代表するB級グルメです。

名古屋ナビ 名古屋グルメ情報