名古屋グルメ情報

名古屋グルメ情報
ラシックの「宮きしめん竹三郎」で、きしころ
ラシックの宮きしめん竹三郎で、冷たい出汁のきしめん「冷宮きしめん」をい
ただきました。竹三郎では、きしころメニューは冷宮きしめんのネーミング。
宮きしめんは、モチモチとした独特の食感の麺。冷たい出汁でも、具は花かつ
お・ネギ・油揚げ・ホウレンソウ・カマボコにシイタケと温メニューと同じで
す。宮きしめん竹三郎は、熱田神宮境内の宮きしめん店とは全く違って、高級
日本料理店のようなハイレベルな雰囲気の店です。全席終日禁煙。
(2018年8月10日)

▲8月10日(金)、宮きしめん竹三郎の夏メニュー、冷宮きしめん


▲8月10日(金)、宮きしめん竹三郎のランチ看板メニューは、選べるランチ


▲8月10日(金)、宮きしめん竹三郎は、ラシック7階

「宮きしめん竹三郎」
1.メニュー 冷宮きしめん
2.料金   850円
3.場所   名古屋市中区栄3-6-1 ラシック7階
4.電話   052-259-6717
5.営業時間 11:00〜23:00
6.品質   料理:★★★★☆、接客:★★★★☆、店舗:★★★★☆
宮きしめんは、熱田神宮を発祥の地とし、宮司様から熱田神宮の「宮」の名前
を頂戴し、「宮きしめん」と命名することをお許しいただいたという由緒ある
きしめん店。宮きしめん竹三郎は、宮きしめんラシック店という名称ではなく、
先々代社長の名前をつけているのが、こだわりを感じさせます。

名古屋ナビ 名古屋グルメ情報