名古屋グルメ情報

名古屋グルメ情報
収穫最盛期の「ちんげんさい」生産者が知事にPR
収穫の最盛期を迎えた「ちんげんさい」の生産者が、大村知事にPRしました。
シャキシャキ食感のちんげんさいは、中華料理の食材のイメージですが、和洋
あらゆるジャンルの料理に対応できるよう提案しています。

大橋正樹あいち中央農業協同組合チンゲン菜部会部会長はじめ関係者が、11
月26日(木)に愛知県公館を訪れ、大村秀章知事に愛知の「ちんげんさい」を
PRしたあと、ちんげんさいを使った料理を試食しました。料理は、株式会社
Mizkanと協力して開発された「スムージー」「かんたん酢の物」「ちんげんさ
いの鍋物」です。(2020年11月26日)

▲11月26日(木)、知事へのPRに訪れた、ちんげんさい生産関係者者


▲11月26日(木)、大橋あいち中央農業協同組合チンゲン菜部会長が知事にPR


▲11月26日(木)、ちんげんさいを使った「スムージー」を試飲する大村知事


▲11月26日(木)、ちんげんさいを使った鍋物を試食する大村知事


▲11月26日(木)、ちんげんさいを使った料理


▲11月26日(木)、収穫量が全国3位、愛知の「ちんげんさい」

愛知県は、「ちんげんさい」の収穫量が全国3位で、主な産地は安城市です。
ビニールハウスを活用して1年中生産されていますが、春と秋は生産量が増え、
1年の中でも特に楽しめる時期になります。

名古屋ナビ 名古屋グルメ情報